« ハガキ鼻笛Ⅱc | トップページ | ハガキ鼻笛Ⅱd 応用編 »

2014年12月 4日 (木)

ハガキ鼻笛Ⅱd

携帯用鼻笛の第三弾ですが、折畳むわけではありません。今迄の固定式のものは、「ハガキ鼻笛Ⅱa」と称する事としました。

 この型が、UkeHeidi さんの影響が一番大きいです。アールという発想を頂きました。

 持ち方で幅が変わり、連動して息道も変形するので、演奏中に音が出なくなったりします。呼気の水分でハガキが軟らかくなったりするので、なかなか厄介です。息も漏れるし。

 ところが、うまく調整・演奏できた時には一番音域が広く、音量もそこそこ出るのです。そして、作るのも一番簡単です。綺麗なアールを付けるのにコツがいりますが、是非チャレンジして下さい。

 タオルを折畳んで4~8枚重ねにして、その上に切り抜いた鼻笛本体を置き、その上から赤鉛筆等の円筒形のものを転がしながら押さえ付けると、綺麗な曲面が出来ます。息道(ウィンドウェイ)の出口が、均等に1ミリ程度の奥行きを保つように、調節して下さい。私は、竹串とか爪楊枝を使って調整していますが、その先端は少しカットしておいた方が安全です。

Dalltile


« ハガキ鼻笛Ⅱc | トップページ | ハガキ鼻笛Ⅱd 応用編 »

ハガキ鼻笛Ⅱ by RON」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハガキ鼻笛Ⅱd:

« ハガキ鼻笛Ⅱc | トップページ | ハガキ鼻笛Ⅱd 応用編 »

無料ブログはココログ