« ハガキ鼻笛の用紙について | トップページ | 「ハガキ鼻笛Ⅱ」を「ラビューム可動式」に改造 »

2015年7月12日 (日)

RONのハガキ鼻笛Ⅲ オールサイズ定規

RONのハガキ鼻笛Ⅲ オールサイズ定規
「RON87bue3v100template.zip」をダウンロード

 

◆概要
これらのpdfファイルを、ケント紙等に印刷し切り抜くと、ハガキ鼻笛Ⅲ応用形を作る定規と、息道を構成する部品になります。
ハガキ鼻笛Ⅲ応用形の用紙のサイズは、名刺~A4くらいまで様々です。用紙の上に定規を置いて、開口部に印を付け、折線を描くかクセを付けます。これに別紙の部品を付け、全体に丸味を付ければ、ハガキ鼻笛Ⅲ応用形になります。
ハガキ鼻笛Ⅲ応用形では、開口部の位置についての制約はほとんどありません。また、角度についても、特に制約はありませんので、制作上の自由度が向上しました。

 

それは良いのですが、鼻笛の上端が目に入ってしまい、痛い思いをしました。目の近くに鼻笛の上端がくる場合には、大きく外へ曲げるとかの対策をしないと危険です。御注意下さい。
ハガキ鼻笛Ⅲ応用形は、ハガキ鼻笛Ⅲ標準形の制作と演奏を経験した方でないと、難しいと思われますので、先にそちらにチャレンジされる事をお勧めします。
鼻笛は、奥も深いですが、幅も広いです。ぜひ鼻笛を、楽しんで下さい。

 

Img_3224

 

◆印刷の設定
定規はA4サイズ、部品はハガキサイズでpdfを作っています。印刷には「等倍印刷」をして下さい。詳しくは、お手持ちのプリンタの説明書を参照下さい。

 

 

◆定規の透明化
印刷物や写真をハガキ鼻笛Ⅲ応用形にしようとした時、構図に依っては開口部の位置を決めるのが難しい時があります。このような時に、定規が透明であれば、開口部の位置が決めやすくなります。
透明のラベルシートに印刷して、透明の樹脂版に貼り、切り抜く事で「透明の定規」が作れます。

 

 

◆これらのデータは、鼻笛を広く楽しんで頂くために、無償で公開させて頂きますが、同時に「メールウェア」としての運用をさせて頂きます。ZIPファイルには、パスワードを設定してあります。解凍にはパスワードが必要で、ご希望の方にはメールでパスワードをお伝えします。

 

データの乱用を防ぐと共に、希望者の方々とはコミュニケーションがとれる事を期待していますので、どうかご理解・ご協力をお願いします。また、ご意見・ご要望、制作指導の希望等をお寄せて頂きましたら、できる範囲の中で、お応えしたいと思っていますので、宜しくお願いします。

 

 

◆著作権等
これらのデータは、無償で公開させて頂きますが、著作権やその他諸々の権利を放棄するものではありません。
データを再配布する場合は、ダウンロードしたZIPファイルに手を加えず、そのまま再配布して下さい。このときパスワードを伝えるのは、ご遠慮下さい。
印刷物の配布は、商業利用でない場合は自由にして下さい。配布に当たり、実費程度の金額を徴収するのは、問題ありません。
商業利用の場合は、作者に相談下さい。

 

 

◆パスワード等の問合先
masayahirai69@gmail.com 平井 雅也:「阪神はなぶえ会 ぴーひゃら」会長
「阪神はなぶえ会 ぴーひゃら」のホームページは、
http://www3.hp-ez.com/hp/hanabue/page1  です。

 

yoshihiro.sawada.56@facebook.com 澤田善博:ハガキ鼻笛の作者
私のブログ「RONのブログ」は、
http://ron87bue.cocolog-nifty.com/blog/  です。

 

 

◆謝辞
これらのデータは、下記のフリーソフトを使用して作成しました。作者の皆様には、深く感謝しております。特にJw_CADは、Ver0.70から使わせていただいており、大変御世話になっております。ありがとうございます。

 

 Jw_cad for Windows Version 7.11 (建築用二次元CAD)
 Mery (テキストエディタ)
 cubepdf (PDFファイル生成ソフト)
 LhaForge (圧縮・解凍ソフト)

 

また、MAC OS でパスワード付きのZIPを解凍するには、以下のフリーソフトがお勧めです。
 Keka

 

« ハガキ鼻笛の用紙について | トップページ | 「ハガキ鼻笛Ⅱ」を「ラビューム可動式」に改造 »

ハガキ鼻笛Ⅲ by RON」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RONのハガキ鼻笛Ⅲ オールサイズ定規:

« ハガキ鼻笛の用紙について | トップページ | 「ハガキ鼻笛Ⅱ」を「ラビューム可動式」に改造 »

無料ブログはココログ