カテゴリー「ハガキ鼻笛Ⅱ by RON」の記事

【 pdf Download 】

2017年2月28日 (火)

RONのハガキ鼻笛Ⅱ改 無償公開版

RONのハガキ鼻笛Ⅱ改  Ver2.10
「RON87bue2v210.zip」をダウンロード

◆概要
 これらのpdfファイルを、ハガキに印刷し、切り抜き、組み立てて、鼻笛を演奏して頂く事が出来ます。キチンと正確に作れば、1オクターブ半くらいの音域で演奏できます。小学生でも、高学年なら自力で制作できるでしょう。
 ハガキ鼻笛Ⅱ改では「SS」は幼児向け、「S」・「M」は児童向け、「L」・「LL」・「LLL」が大人向けというのが、おおまかなサイズの目安です。
 構造がシンプルなので、逆に組立てはシビアですが、是非チャレンジして下さい。


◆「ハガキ鼻笛Ⅱ」と、「ハガキ鼻笛Ⅱ改」の違い
 サイズの決め方を、自作木製鼻笛と整合させ、4サイズから6サイズに増やした。
 さらに、子供向けに鼻の低いタイプを、3サイズ追加した。
  >鼻笛に真摯に取組んでくれている子供達に、応える為の試みです。
 おもて面に印刷していたのを、裏面に印刷する事にした。
  >おもて面に絵を描くのに、都合が良くなった
  >パーツの取付位置を印刷できるようになったので、分かりやすくなった。
  ※このアイデアは「サンペイちゃん」から提供して頂きました。

 pdfファイルの中身は、以下の通りです。
   SS  1枚で2個      SS低  1枚で2個      ( 旧S相当 )
   S   2枚で3個      S低   2枚で3個      ( 旧M相当 )
   M   1枚で1個      M低   1枚で1個      ( 旧L相当 )
   L   1枚で1個                        ( 旧LL相当 )
   LL  2枚で1個
   LLL 2枚で1個


◆印刷の設定
 各pdfファイルは、ハガキサイズになっています。年賀状等を印刷する時のように、プリンタで「ハガキ」を指定して頂くといいと思われます。詳しくは、お手持ちのプリンタの説明書を参照下さい。


◆データ公開について
 これらのデータは、鼻笛を広く楽しんで頂くために、無償で公開させて頂きますが、同時に「メールウェア」としての運用をさせて頂きます。ZIPファイルには、パスワードを設定してあります。解凍にはパスワードが必要で、ご希望の方にはメール等でパスワードをお伝えします。
 データの乱用を防ぐと共に、希望者の方々とはコミュニケーションがとれる事を期待していますので、どうかご理解・ご協力をお願いします。また、ご意見・ご要望、制作指導の希望等をお寄せて頂きましたら、できる範囲の中で、お応えしたいと思っていますので、宜しくお願いします。


◆著作権等
 これらのデータは、無償で公開させて頂きますが、著作権やその他諸々の権利を放棄するものではありません。
 データを再配布する場合は、ダウンロードしたZIPファイルに手を加えず、そのまま再配布して下さい。このときパスワードを伝えるのは、ご遠慮下さい。
 印刷物の配布は、商業利用でない場合は自由にして下さい。配布に当たり、実費程度の金額を徴収するのは、問題ありません。商業利用の場合は、作者に相談下さい。


◆パスワード等の問合先
mikerin0112@yahoo.co.jp 三平昌子:「阪神はなぶえ会 ぴーひゃら」吹く会長
「阪神はなぶえ会 ぴーひゃら」のホームページは、
http://www3.hp-ez.com/hp/hanabue/page1  です。

sho.hirasawa.7@facebook.com 平澤翔:「阪神はなぶえ会 ぴーひゃら」では「翔くん」と紹介されています。
平澤さんのホームページ「平澤特殊楽器製作所」は、
http://hanabue.com/  です。

yoshihiro.sawada.56@facebook.com 澤田善博:ハガキ鼻笛の作者
私のブログ「RONのブログ」は、
http://ron87bue.cocolog-nifty.com/blog/  です。


◆謝辞
 これらのデータは、下記のフリーソフトを使用して作成しました。作者の皆様には、深く感謝しております。特にJw_CADは、Ver0.70から使わせていただいており、大変御世話になっております。ありがとうございます。

 Jw_cad for Windows (建築用二次元CAD)
 Mery        (テキストエディタ)
 cubepdf       (PDFファイル生成ソフト)
 LhaForge      (圧縮・解凍ソフト)

また、MAC OS でパスワード付きのZIPを解凍するには、以下のフリーソフトがお勧めです。
 Keka        (圧縮・解凍ソフト)

2015年7月12日 (日)

「ハガキ鼻笛Ⅱ」を「ラビューム可動式」に改造

「ハガキ鼻笛Ⅱ」を「ラビューム可動式」に改造するアタッチメント

「attachment.pdf」をダウンロード

写真だけで大体分ると思いますが、枚数が少ないので簡単に解説します。
①予めハガキ鼻笛の開口部を下へ広げ、ラピュームとラピュームカバーを重ねる。
②ピュームカバーの両サイド折り曲げ部に接着剤を塗り、本体に接着する。
③この時、ラピュームには接着剤が付かないように注意し、スライドする事を確認する。

任意の音を出しながら、ラピュームをスライドさせると、その音を出すのに適切な開口高さが分ります。
ラピューム形状も、色々変えてみました。ひょっとしたら雅楽の「笙」みたいな和音が出るかと思いましたが…。

ハガキ鼻笛Ⅱの、L・LLサイズ用です。

At1

At2


At3

2014年12月 4日 (木)

ハガキ鼻笛Ⅱd 応用編

ハガキ鼻笛Ⅱaを、鼻笛仮面に応用する時には、下辺を揃えると言う制約がありました。ハガキ鼻笛Ⅱdを鼻笛仮面に応用する時には、この制約は実質的になくなったと言えるでしょう。

それは良いのですが、思いがけなく鼻笛の上端が目に入ってしまい、痛い思いをしました。目の近くに鼻笛の上端がくる場合には、大きく外へ曲げるとかの対策をしないと危険です。御注意下さい。

ハガキ鼻笛Ⅱd

携帯用鼻笛の第三弾ですが、折畳むわけではありません。今迄の固定式のものは、「ハガキ鼻笛Ⅱa」と称する事としました。

 この型が、UkeHeidi さんの影響が一番大きいです。アールという発想を頂きました。

 持ち方で幅が変わり、連動して息道も変形するので、演奏中に音が出なくなったりします。呼気の水分でハガキが軟らかくなったりするので、なかなか厄介です。息も漏れるし。

 ところが、うまく調整・演奏できた時には一番音域が広く、音量もそこそこ出るのです。そして、作るのも一番簡単です。綺麗なアールを付けるのにコツがいりますが、是非チャレンジして下さい。

 タオルを折畳んで4~8枚重ねにして、その上に切り抜いた鼻笛本体を置き、その上から赤鉛筆等の円筒形のものを転がしながら押さえ付けると、綺麗な曲面が出来ます。息道(ウィンドウェイ)の出口が、均等に1ミリ程度の奥行きを保つように、調節して下さい。私は、竹串とか爪楊枝を使って調整していますが、その先端は少しカットしておいた方が安全です。

Dalltile


ハガキ鼻笛Ⅱc

折畳式鼻笛の、第二弾です。今迄の固定式のものは、「ハガキ鼻笛Ⅱa」と称する事としました。

この型の画期的なのは、【接着剤を使わない】 という点です。でも、強度不足の感は拭えないので、折返しを付けてみました。ドイツ製のプラ鼻笛にも付いています。

Ctile


ハガキ鼻笛Ⅱb

折畳式鼻笛の、第一弾です。今迄の固定式のものは、「ハガキ鼻笛Ⅱa」と称する事としました。

文章で説明するのは難しいですが、写真で分りますよね?

Btile


2014年5月28日 (水)

RONのハガキ鼻笛Ⅱ 無償公開版 LL追加

RONのハガキ鼻笛Ⅱ  Ver1.14a
「RON87bue2v114a.zip」をダウンロード

◆概要
これらのpdfファイルを、ハガキに印刷し、切り抜き、組み立てて、鼻笛を演奏して頂く事が出来ます。キチンと正確に作れば、1オクターブ半くらいの音域で演奏できます。小学生でも、高学年なら自力で制作できるでしょう。
鼻笛は、奥も深いですが、幅も広いです。ぜひ鼻笛を、楽しんで下さい。なお、ハガキ鼻笛Ⅱでは「S」は幼児向け、「М」は児童向け、「L」と「LL」が大人向けというのがサイズの目安です。


◆ハガキ鼻笛ⅠとⅡの違い
既に公開させて頂いているハガキ鼻笛Ⅰは、鼻の底面を包むものでした。どちらかといえば「ベトナム式」に近いと言えるのかもしれません。
ハガキ鼻笛Ⅱは、鼻の側面を包むもので、それほど多くのサイズ分けをする必要はありません。どちらかといえば「ボカリナ」に近いと言えるのかもしれません。
ハガキ鼻笛Ⅰの方が、半オクターブほど音域が広いです。もちろんサイズが合った鼻笛を選んで頂かなければなりません。ところが鼻笛が初めての方に、サイズ云々といってもなかなかうまくいかないし、アドバイスする方も自信が持てない状態でした。
その点ハガキ鼻笛Ⅱは万人向けというか、サイズ的には融通がきくようで、初めての方でも音が出易いです。
構造がシンプルなので、逆に組立てはシビアですが、是非チャレンジして下さい。


◆印刷の設定
各pdfファイルは、ハガキサイズになっています。年賀状等を印刷する時のように、プリンタで「ハガキ」を指定して頂くといいと思われます。詳しくは、お手持ちのプリンタの説明書を参照下さい。


◆これらのデータは、鼻笛を広く楽しんで頂くために、無償で公開させて頂きますが、同時に「メールウェア」としての運用をさせて頂きます。ZIPファイルには、パスワードを設定してあります。解凍にはパスワードが必要で、ご希望の方にはメールでパスワードをお伝えします。

データの乱用を防ぐと共に、希望者の方々とはコミュニケーションがとれる事を期待していますので、どうかご理解・ご協力をお願いします。また、ご意見・ご要望、制作指導の希望等をお寄せて頂きましたら、できる範囲の中で、お応えしたいと思っていますので、宜しくお願いします。


◆著作権等
これらのデータは、無償で公開させて頂きますが、著作権やその他諸々の権利を放棄するものではありません。
データを再配布する場合は、ダウンロードしたZIPファイルに手を加えず、そのまま再配布して下さい。このときパスワードを伝えるのは、ご遠慮下さい。
印刷物の配布は、商業利用でない場合は自由にして下さい。配布に当たり、実費程度の金額を徴収するのは、問題ありません。
商業利用の場合は、作者に相談下さい。


◆パスワード等の問合先
mikerin0112@yahoo.co.jp 三平昌子:「阪神はなぶえ会 ぴーひゃら」吹く会長
「阪神はなぶえ会 ぴーひゃら」のホームページは、
http://www3.hp-ez.com/hp/hanabue/page1  です。

sho.hirasawa.7@facebook.com 平澤翔:「阪神はなぶえ会 ぴーひゃら」では「翔くん」と紹介されています。
平澤さんのホームページ「平澤特殊楽器製作所」は、
http://hanabue.com/  です。

yoshihiro.sawada.56@facebook.com 澤田善博:ハガキ鼻笛の作者
私のブログ「RONのブログ」は、
http://ron87bue.cocolog-nifty.com/blog/  です。


◆謝辞
これらのデータは、下記のフリーソフトを使用して作成しました。作者の皆様には、深く感謝しております。特にJw_CADは、Ver0.70から使わせていただいており、大変御世話になっております。ありがとうございます。

 Jw_cad for Windows Version 7.11 (建築用二次元CAD)
 Mery (テキストエディタ)
 cubepdf (PDFファイル生成ソフト)
 LhaForge (圧縮・解凍ソフト)

また、MAC OS でパスワード付きのZIPを解凍するには、以下のフリーソフトがお勧めです。
 Keka


◆「ベータ版 その1」からの改良点
新たに「LLサイズ」を追加した。
鼻の納まりを良くする為に、鼻笛の上辺を山型にした。

2014年5月22日 (木)

ハガキ鼻笛に、LLサイズ

ハガキ鼻笛に、LLサイズを追加しました。これで、S(幼児向)・M(小中学生向)・L(大人向/小)・LL(大人向/大)の4サイズとなりました。うまく音が出なかった大人の方にも、今一度お試し頂きたいと思っています。もしかすると、SS・S・M・Lと称する方が良いのかもしれませんが、大勢に影響は無いでしょう。
ヘムスロイドで、どんな反応があるか楽しみです。ブログにデータを上げるのは、ヘムスロイドが終わってからになりますが、宜しくお願いします。
Img_1809a


2013年11月27日 (水)

RONのハガキ鼻笛Ⅱの作り方

1.3つの部品とスペーサーを切り抜く
R1

2.各部品に折りグセを付ける
  厚紙をまっすぐ折るのは意外に難しいので、厚めの定規をあてがってクセを付けてから、さらに深く折り曲げると上手くできる
R2a
R2b
R2c

3.本体の谷折れ線の上端部を、スペーサーの切込みに挟み、クリップ等で仮止めする
R3

4.六角形の部品の「のり①」と書いてある面にのりを付け、本体の裏に接着する
  このとき、部品の下端と本体開口部の上端を揃える
  また息の出口は、目安として1ミリの厚みを確保する
R4

5.六角形の部品が動かなくなってから「のり②」と書いてある面にのりを付ける
R5

6.四角形の部品の「のり③」の面にのりを付け、六角形の部品と本体に接着する
R6

7.必要に応じて爪楊枝等で、息道の形を整える
R7

無料ブログはココログ